CO-CO

ダイエットにおける知っておきたい基本事項


 

たまに体重計にのると

 

「こんなに増えているはずがない。」

 

と思う方は多いでしょう。

その日から体重計とのにらめっこの日々。

 

今日は体重の変化の仕組みをお伝えします。

 

私たちの体重は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスによって変化します。

 

①摂取エネルギーと消費エネルギーが同じとなれば体重は変わりません

 

 

②摂取エネルギーが多く、消費エネルギーが少ない場合は体重が増えます

 

 

 

③摂取エネルギーが少なく、消費エネルギーが多い場合は体重が減ります

 

 

②の摂取エネルギーが多く、体重が増えた方は過剰な摂取エネルギーが体の中に脂肪として蓄えられるため、体重が増えます。

 

体重変化の仕組みを理解していただけたでしょうか。

 

 

ここからはエネルギーの話です。

 

  • 体重1kg増やすために必要なエネルギーとは

体脂肪1gを増やすのに必要なエネルギーとは約7kcalといわれています。

(脂質は9kcalですが、脂肪細胞には20%の水を含むため7kcal)

 

1kg(1000g)=7000kcalとなります。

 

ようするに体重が1ヶ月に1kg増える裏には、1ヶ月に消費エネルギー+7000kcalのエネルギーを摂取しているということです。

これはとても大きい数字です。

ちなみに1日換算にすると1日に消費するエネルギーよりも摂取エネルギーが+250kcalになります。

 

「いや私はそんなに食べていない!」

と思う方は今までの生活を思い返してください。

 

あのとき食べたチョコ

あの飲み会のお酒と揚げ物

差し入れのケーキ

 

思い当る節はあるのでは。

これらをやめた方が良いと言っているわけではありません。

この知識があるだけでご自身の体重の変化に気付いた時に、気を付けることができるということです。すなわち体をコントロールできるということ。

 

最近は過度にやせたいと思う方が増えています。

まずはご自身の適切な体重をしっかり理解しましょう。

その上で適切な体重コントロールを行いましょう!

 

一覧に戻る