CO-CO

コラーゲンと美容の真実


 

女性にとってコラーゲンと聞くと、

 

 

「お肌に良い」

 

 

というイメージがみなさんにもあるでしょう。

そのイメージから、コラーゲンボール鍋、コラーゲン配合の食品に飛びついた人も多くいるはずです。

 

 

しかし必ずしも摂取したコラーゲンが全て身体の中でコラーゲンになるわけではありません。

 

 

 

今回はコラーゲンと美容の真実についてお伝えします。

 

 

 

 

 

コラーゲンとは

 

コラーゲンは、皮膚、血管、腱、歯など殆どの組織に存在する繊維状のタンパク質で、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めています。

全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。コラーゲンを産生する主な細胞は、皮膚に存在する繊維芽細胞、軟骨に存在する軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞などです。コラーゲンはこれらの細胞から分泌されたのち、細胞の間を埋めて他の糖タンパク質とともに細胞間マトリクスを形成しています。

 

コラーゲンの安全性と機能性/食品成分有効性評価及び健康影響評価プロジェクト解説集

 

 

 

 

 

コラーゲンの代謝から美容について

 

ここでポイントとなるのは、コラーゲンはたんぱく質であること。

 

・たんぱく質の代謝

摂取されたタンパク質は、胃の中で消化酵素のペプシンにより、ポリペプチドになり、小腸で消化酵素のトリプシンやキモトリプシンによって、トリペプチド、ジペプチドまで分解され、膜消化を受けアミノ酸として吸収されます。

吸収されたアミノ酸は肝臓に運ばれアミノ酸プールに蓄えられます。

蓄えられたアミノ酸は、身体の必要なところ必要な形のたんぱく質に再合成されます。

 

 

まとめると、摂取したタンパク質はすべてアミノ酸に分解されてから、再合成されます。

それがコラーゲンになるとは限りません。

 

2つの図をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

①のようにコラーゲンを食べればコラーゲンが増えると考えていた方も多いでしょう。

正解は②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミノ酸プールの考え方についてはこちらをご覧ください。

食事と筋肉~アミノ酸プール

 

 

 

いやいや

最低限コラーゲンを食べているのだから分解されて、また作られるときの材料は揃っているのでは?

 

と思う方もいるでしょう。

 

 

コラーゲンを構成するアミノ酸はグリシンが50%、プロリンとヒドロキシプロリンが21%、アラニンが11%です。

このどれもが非必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成できるアミノ酸です。

要するにコラーゲンを食べなくても、コラーゲンに必要な物質は身体の中で作ることができるということです。

 

 

 

 

今日の全体のまとめをします。

 

コラーゲンと美容の関係は、今の時点で有効であるとは言えません。

今後コラーゲンに新たな発見があれば別です。

 

また身体に塗るなど、摂取以外の方法では保湿効果などがあります。

これに関して私は詳しくないので、ぜひ美容関係の方に聞いてみてください。

 

 

とはいえ、コラーゲンの独特の食感が好きな方も多いでしょう。

食べすぎによる健康被害などは報告されていないようなので、普通に食べる分には問題ないと思います。

 

食べること自体を否定しているわけではないので、お間違いなく!

 

 

 

 

一覧に戻る