CO-CO

アミノ酸の種類について


 

 

 

みなさんはタンパク質とアミノ酸の違いをご存知ですか。

 

 

どちらも身体の筋肉を作る際に必要ということまでは、知っている方も多いと思いますが、このように聞かれると答えられない方も多いと思います。

 

 

答えは、タンパク質を構成しているのアミノ酸になります。

私たちの身体では、肉や魚や大豆・大豆製から摂取したタンパク質をアミノ酸まで分解し、アミノ酸の形で体内に蓄えています。

 

このことをアミノ酸プールという概念で説明できます。

 

食事と筋肉~アミノ酸プール」でもお伝えしていますので、ぜひご覧になってください。

 

 

 

 

このアミノ酸については、管理栄養士国家試験でも出題されますので、管理栄養士の国家試験対策も含めてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

管理栄養士国家試験 第2章「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」からアミノ酸の種類についてです。

 

 

 

アミノ酸の種類

 

 

アミノ酸は全部で20種類存在しています。

 

下の表をご覧になってください。

 

アミノ酸の種類

 

 

さまざまな特徴を持ったアミノ酸が20種類あります。

そのアミノ酸の中でも、赤い色の9種類を必須アミノ酸といいます。

 

必須アミノ酸とは、体内で合成されないもの、あるいは合成されても必要量に達しないため、必ず食物から取り込まなければならないものです。

 

 

必須アミノ酸を問われる問題は単純ですが、案外忘れてしまう場合がありますので、私が覚えた方法をご紹介します。

 

 

トロリイバスフメヒ

 

 

呪文のようですが、私はこれで覚えました。

 

 

リプトファン

イシン

シン

ソロイシン

リン

レオニン

ェニルアラニン

チオニン

スチジン

 

 

意外に覚えやすいので、ぜひ参考にしてください。

 

 

いかがでしょうか。

 

次の模試も2週間前になりました。

後期は模試尽くしなので、自分の覚えたことがしっかり定着しているのか、わかる良い機会だと思ってがんばります!!

 

一覧に戻る