CO-CO

患者調査について



患者調査とは、疾病の構造を知るための、医療行政の基礎資料を得ることを目的に行われる調査のことです。

 

 

管理栄養士国家試験でも統計資料の問題でよく出題されますので、押さえておきたい分野です。

 

 

ということで、今回は管理栄養士国家試験 第1章「社会・環境と健康」から患者調査についてお伝えします。

 

 

 

まずは問題を見ていきましょう。

 

 

患者調査についての問題である。正しいのはどれか。

 

1.調査は5年に1度行われる

2.総務省の管轄である

3.調査項目に受療率がある

4.主な傷病の総患者数では、糖尿病が一番多い

 

 

いかがでしょうか。

答えの前に解説を行っていきます。

 

 

 

患者調査

 

 

  • 期間と管轄期間

3年に1回、厚生労働省が実施する。

 

 

  • 対象

全国の医療施設を利用する患者

 

 

  • 調査結果の概要

1.推計患者数

 

調査日に病院一般診療所歯科診療所受療した患者の推計数

 

 

入院:1,341.0千

外来:7,260.5千

 

平成23年度患者調査

 

 

 

2.受療率

 

推計患者数を人口10万対であらわした数

 

入院:1,068

外来:5,784

 

平成23年度患者調査

 

 

 

3.退院患者の平均在院日数

 

調査期間(9月1日~30日)に退院した患者在院日数の平均

 

病院:34.3

一般診療所:17.5

 

平成23年度患者調査

 

 

 

4.主な傷病の総患者数

 

調査日において、継続的に医療を受けている者の数

 

1位:高血圧性疾患9,067千

第2位:糖尿病2,700千

第3位:歯肉炎及び歯周疾患2,657千

第4位:う蝕1,945千

第5位:高脂血症1,886千

 

 

 

 

それではもう一度問題をみていきましょう。

 

 

 

患者調査についての問題である。正しいのはどれか。

 

1.調査は5年に1度行われる

2.総務省の管轄である

3.調査項目に受療率がある

4.主な傷病の総患者数では、糖尿病が一番多い

 

 

 

答え合わせです。

 

1は(✕)です。

患者調査は3年に1度おこなわれます。

 

 

2は(✕)です。

患者調査は厚生労働省の管轄です。

 

 

は(〇)です。

患者調査の調査項目は、推計患者数受療率退院患者の平均在院日数主な傷病の総患者数です。

 

 

4は(✕)です。

主な傷病の総患者数は、高血圧性疾患最も多いです。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

以前に統計資料に関しては、人口静態統計と人口動態統計について投稿いたしました。

参考までにご覧ください。

 

 

 

 

今回で統計資料に関する投稿は2回目ですが、管理栄養士国家試験の第1章「社会・環境と健康」において必ず出題される分野になりますので、しっかり押さえておきましょう。

 

 

このような国家試験の投稿をさせていただくようになってから、output(伝える力)が大切だと強く感じています。

 

本物の知識をつけるため、伝える技術をつけるため、これからも日々精進してまいります!!

 

一覧に戻る