CO-CO

風邪を予防するビタミンA.C.E


 

冬は、インフルエンザや風邪などのウイルスによる感染症が流行します。

その理由は乾燥により空気中のウイルスの浮遊率が高くなること、気温の低下により身体の免疫機能が弱まることなどが挙げられます。

 

予防するためには、バランスの良い食事を基本に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを意識して摂取した方が良いので、解説致します。

 

 

 

バランスの良い食事

 

バランスの良い食事は基本です。
主食(ごはん、パン、麺)、主菜(肉、魚、卵、大豆・大豆製品)、副菜(野菜、きのこ、海藻)、汁物を1食の中で揃えられるようにしましょう。

特定の食材を取り入れるよりも、多くのエネルギー・栄養素を補給できます。

 

 

 

・ビタミンA(カロテノイド)

 

カロテノイドは変換されビタミンAとなるため、ビタミンAの作用である粘膜の保護作用があると言えます。
さらに、カロテノイド自体が活性酸素を除去する効果があり、風邪の症状からくる身体の炎症を予防できます。
ビタミンAはビタミンEと同じ脂溶性のビタミンです。

主に、緑黄色野菜全般に含まれます。

 

 

 

・ビタミンE

 

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、抗酸化作用を持ちます。
ビタミンCと作用する場所は異なり、脂質に溶けて身体の中に運ばれ、細胞膜に多く存在します。

また、抗酸化作用に関してビタミンCと相乗効果があり、双方が抗酸化作用を働きかけることで、効果が上がります。
ビタミンEは、ナッツ類植物油に多く含まれます。

 

 

 

・ビタミンC

 


ウイルス感染時には、多くの白血球が免疫反応の一部として動員され、活性酸素を用いてウイルスと戦います。
しかし活性酸素は増えすぎると白血球や体内の細胞自体を攻撃し始めます。
上記を防ぐために抗酸化作用を持つ栄養素が有効です。

そして水溶性のビタミンの中で唯一、抗酸化作用を持つのがビタミンCです。
ビタミンCは野菜果物に多く含まれます。
いかがでしょうか。

ボディメイクやダイエットに励んでいる方の多くは過度に摂取エネルギーを制限しているために、ウイルス感染症のリスクが高い状態です。

先ほどお伝えしたビタミンACEを含む食品は主菜である肉、魚、卵、大豆・大豆製品に比べて低エネルギーなので、ダイエットの方でも安心して食べることができます。

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

一覧に戻る